logoaboutresearchtopicspublicationsmisc

The 4th symposium has been held.

平成27年度成果報告会(第4回シンポジウム)

2016年3月24日(木曜日)13:00〜17:30に同志社大学 夢告館において、平成26年度私立大学戦略的研究基盤形成支援事業 第4回シンポジウムを開催致しました。

開催案内情報・講演プログラムはこちら

160325 1

160325 2

研究成果報告

各研究グループにおいて、研究成果報告を行いました。

  • 第1グループ(ソフトウエア・エージェント・アーキテクチャ)講演者:Ivan TANEV

160325 3

  • 第2グループ(アクティブセーフティセンシング・コントロール)講演者:橋本 雅文

160325 4

  • 第3グループ(ヒト生体情報多次元解析技術)講演者:廣安 知之

160325 5

  • 第4グループ(センサ情報通信プラットフォーム)講演者:佐藤 健哉

160325 6

口頭発表

各研究グループにおいて、口頭発表を行いました。

  • 第1グループ(ソフトウエア・エージェント・アーキテクチャ)Steering Oscillations as an Indication of Inadequate Cognitive Load of Drivers

  • 第2グループ(アクティブセーフティセンシング・コントロール)複数の移動センサノードによる協調移動物体追跡 ― 車載マルチレイヤレーザスキャナに基づく移動物体大きさ・姿勢推定 ―

  • 第3グループ(ヒト生体情報多次元解析技術)注意が及ぼすスナネズミの聴覚抹消の感度への影響

  • 第4グループ(センサ情報通信プラットフォーム)車車間通信パケット多重化による効率的ジオキャスト配信手法

160325 7

160325 8

ポスターセッション

160325 9

160325 10

第1グループ(ソフトウエア・エージェント・アーキテクチャ)

  • A Discriminative Criterion for Efficient Classifier Size Selection Based on LGM-MCE Training
  • Unsupervised Learning of Images using Autoencoders with Deformable Templates
  • Comparison of Time Series Clustering Methods for Short Time Series
  • 時系列データ分類のための大幾何マージン最小分類誤り学習法に関する実験的評価
  • 小さなカーネルモデルの設計法について
  • Evolving an Automatic Steering as a Driving Aid in TORCS

第2グループ(アクティブセーフティセンシング・コントロール)

  • 階層型量子ビットニューラルネットワークによる制御システム
  • 力覚提示と下肢運動推定に基づく歩行支援ロボットの制御
  • 自動運転自動車の市街地公道走行のための信号機認識
  • ウエアラブルNIRS使用時の脳活動識別について

第3グループ(ヒト生体情報多次元解析技術)

  • EEGを用いた左右の手の運動想起識別におけるBCIシステムの構築
  • ストレスモニタリングを目指したGC-MSによる呼気分析の基礎的研究
  • fMRIと唾液内代謝物質データの関連に基づくクラスタリング法について
  • 赤外光を用いた新型装用人工内耳の開発:経鼓膜的照射時の刺激部位の検討
  • Auditory Streaming in Mongolian Gerbil
  • マスキングによる蝸牛マイクロフォン電位信号源の推定

第4グループ(センサ情報通信プラットフォーム)

  • 見通し外車車間通信環境におけるレイトレーシングに基づく伝搬損失簡易計算式
  • エルゴード性MIMO通信路のための多元並列連接符号
  • マイクロEVのための蓄電EDLCバッファを備えた急速充電システムの構成法
  • 列指向型データ格納RDBMSのOLAP処理最適化
  • 移動体通信を併用した位置情報管理に基づくVANET性能の向上
  • 次世代車載連携アプリケーション向け分散処理プラットフォームの開発

招待講演

慶應義塾大学大学院の大前学様をお招きし、「自動車の自動運転   ~慶應大の研究の取り組みの紹介と実用化に向けた課題の考察~」という題でご講演していただきました。

160325 11

また、住友電気工業株式会社の山田 雅也様をお招きし、「路車協調型安全運転支援システム開発の取組み」という題でご講演していただきました。

160325 12