logoaboutresearchtopicspublicationsmisc

The 3rd Section Meeting (Biological Sensing) will be held.

文部科学省 平成26年度私立大学戦略的研究基盤形成支援事業
進化適応型自動車運転支援システム「ドライバ・イン・ザ・ループ」研究拠点形成
第3回 部門研究会(生体センシング)
非侵襲脳機能イメージング装置利用研究会
日時: 2015年6月26日(金) 15:00〜18:00 (変更しました)
場所: 同志社大学京田辺校地 医心館4F 輪講室N-A(IN409N)(〒610-0321 京田辺市多々羅都谷1-3)
主催: 同志社大学 イノベーティブコンピューティングセンター
共催: 同志社大学モビリティ研究センター
協賛: 株式会社ミユキ技研
参加費: 無料
定員: 40名

講師:
廣安 知之(同志社大学)
稲員 拓海( (株)日立メディコ 光トポグラフィビジネス部 )
連絡先:   tomo@is.doshisha.ac.jp
廣安 知之 (同志社大学 生命医科学部 医情報学科)

申し込み方法

下記のURLからお申し込みください。40名を定員にさせていただきます。 お申し込みいただいてもご参加いただけない場合もあります。その場合には、メールにてご連絡いたします。

https://goo.gl/u2RhT7

概要

非侵襲脳機能イメージング装置 の1つである、fNIRS(光トポグラフィ、Functional near-infrared spectroscopy)は、fMRIなどと比較すると、大脳皮質の脳活動の計測しかできませんが、計測時の自由度が高いことから高い注目を集めています。 特に、光トポグラフィ―検査は、2014年4月1日より、「抑うつ症状の鑑別診断の補助に使用するもの」として、 定められた施設基準を満たす医療機関にて、保険診療として実施されています。 また、ものづくりの際に各種QoLを向上させるツールとして工学的にも関心が高くなっています。 本講習会では、このfNIRSの基礎的な利用について学びます。

研究会プログラム

1 挨拶
2 fNIRSの測定 原理
3 移動・設置の基礎
4 測定の基礎(メンテナンスを含む
5 解析の基礎
6 その他