活動内容

第9回シンポジウム

2018年9月28日(金曜日)13:00〜17:30に同志社大学 情報メディア館4階JM401において、 平成29年度私立大学戦略的研究基盤形成支援事業 第9回シンポジウムを開催致しました。

開催案内情報・講演プログラムはこちら



研究成果報告

各研究グループにおいて、研究成果報告を行いました。

・第1グループ(ソフトウエア・エージェント・アーキテクチャ)
 講演者:Ivan TANEV
・第2グループ(アクティブセーフティセンシング・コントロール)
 講演者:橋本 雅文
・第3グループ(ヒト生体情報多次元解析技術)
 講演者:日和 悟
・第4グループ(センサ情報通信プラットフォーム)
 講演者:佐藤 健哉




口頭発表

各研究グループにおいて、口頭発表を行いました。

・第1グループ(ソフトウエア・エージェント・アーキテクチャ)
  影響要因の従属関係の発見:グループラッソ正則化付きニューラルネットワーク回帰による変数選択

・第2グループ(アクティブセーフティセンシング・コントロール)
  車載レーザスキャナによる環境地図生成と部分地図の統合

・第3グループ(ヒト生体情報多次元解析技術)
  マインドフル・ドライビング:fNIRSを用いた自動車運転中の注意状態の分析

・第4グループ(センサ情報通信プラットフォーム)
  車両の位置・速度を考慮したネットワーク仮想化による無線LANの効率的接続方式





招待講演

群馬大学 次世代モビリティ社会実装研究センター副センター長 小木津 武樹様をお招きし、「群馬大学の自動運転の取り組み」という題でご講演していただきました。



また、沖コンサルティングソリューションズ/国際標準化機構TC204通信分科会長 星 佳典様をお招きし、「コネクテッドカーにおける通信利用サービスと標準化」という題で講演していただきました。