活動内容

第14回部門研究会(ソフトウェア・エージェント) を開催しました


2018年1月5日(木曜日) に名古屋大学 東山キャンパス IB電子情報館北棟8階 IB-081講義室において、進化適応型自動車運転支援システム「ドライバ・イン・ザ・ループ」研究拠点形成 第14回 部門研究会(ソフトウェア・エージェント) を開催しました。


開催案内情報・講演プログラムはこちら

0


0


0




13:00〜13:10 研究グループリーダ 挨拶
  研究グループ1リーダ
  Ivan Tanev

13:10~14:00 基調講演
  An Overview of the Research on Human Factors and Supporting Driving Aids at Doshisha University
  同志社大学モビリティ研究センター 研究グループ1 教授
  Ivan Tanev

14:00~14:20 研究事例
  On Detection of Mistaken Pedal Pressing during Driving by Means of Driver's Emotion Analysis
  同志社大学大学院 理工学研究科 研究助手
  Rahadian Yusuf

14:20~14:40 研究事例
  Comparative Analysis of Supervised and Unsupervised Learning Approaches for Autosteering of the Car with Delayed Steering Response
  同志社大学大学院 理工学研究科 M2
  Vsevolod Nikulin

14:40~15:00 研究事例
  On Automated Steering of Car in Slippery Road Conditions
  同志社大学大学院 理工学研究科 D1
  Natalia Alekseeva

15:00~15:15 休憩

14:40~15:00 研究事例(全体討論)
  コーディネーター:名古屋大学大学院 情報科学研究科 教授 武田一哉