活動内容

第6回シンポジウム

2017年3月28日(火曜日)12:45~18:00に同志社大学 恵道館2階 KD204(発表・講演)において、 平成28年度私立大学戦略的研究基盤形成支援事業 第6回シンポジウムを開催致しました。

開催案内情報・講演プログラムはこちら

研究成果報告および口頭発表

各研究グループにおいて、研究成果報告を行いました。

・第1グループ(ソフトウエア・エージェント・アーキテクチャ)
 講演者:Ivan TANEV
・第2グループ(アクティブセーフティセンシング・コントロール)
 講演者:橋本 雅文
・第3グループ(ヒト生体情報多次元解析技術)
 講演者:廣安 知之
・第4グループ(センサ情報通信プラットフォーム)
 講演者:佐藤 健哉



ポスターセッション



招待講演

NTTドコモ 先進技術研究所 5G推進室 主任研究員 工藤 理一様をお招きし、「 V2Xサービス実現に向けた世界動向と無線通信技術」という題でご講演していただきました。

また、広島大学大学院工学研究院 教授 辻 敏夫様をお招きし、「生体のしくみに学ぶものづくり -生体メカニズムと自動車技術のマッチング-」という題でご講演していただきました。

パネルディスカッション

「自動走行システムの社会普及のための環境整備」というテーマでパネルディスカッションを行いました。