活動内容

第8回 部門研究会(ソフトウエア・エージェント)を開催しました

2016年8月19日(金曜日) に名古屋大学 東山キャンパス IB電子情報館北棟8階 IB-081講義室において、進化適応型自動車運転支援システム「ドライバ・イン・ザ・ループ」研究拠点形成 第8回 部門研究会(ソフトウエア・エージェント)を開催しました。

開催案内情報・講演プログラムはこちら

0


0


13:00-13:10  研究グループリーダ 挨拶
研究グループ1 教授 片桐 滋

13:10-13:30  研究事例
遺伝的プログラミングを用いた車線変更・レーンキーピングアシストの開発
同志社大学大学院理工学研究科 M1 八上 剛

13:30-13:50  研究事例
Detecting Steering Oscillation of a Vehicle via Spectrum Analysis
同志社大学大学院理工学研究科 D2 Dipak Sharma

13:50-15:20  基調講演
How Should We Formalize a Given Task?: An Overview of MCE/GPD and Pattern Recognition Research Issues
同志社大学モビリティ研究センター 研究グループ1 教授 片桐 滋

15:20-15:30  休憩

15:30-15:50  研究事例
時系列データ分類における大幾何マージン最小分類誤り学習法の未知標本耐性評価
同志社大学大学院理工学研究科 M1 松廣 達也

15:50-16:10  研究事例
カーネル最小分類誤り学習法とサポートベクターマシンの比較実験
同志社大学大学院理工学研究科 M1 谷 陵真

16:10-17:10  研究事例(全体討論)
コーディネーター:名古屋大学大学院 情報科学研究科 教授 武田 一哉