活動内容

総務省:高度地図データベースの高効率なリアルタイム更新・配信技術の開発

同志社大学モビリティ研究センターは,名古屋大学加藤真平客員准教授・二宮芳樹特任教授、金沢大学菅沼直樹准教授と一緒に,NTTドコモおよびパスコが採択された総務省の事業「平成28年度 情報通信技術の研究開発『自律型モビリティシステム(自動走行技術、自動制御技術等)の開発・実証』」の4つの研究開発課題のうち課題III「高度地図データベースの高効率なリアルタイム更新・配信技術の確立」に協力致します.

報道発表資料 : 総務省・自律型モビリティシステム(自動走行技術、自動制御技術等)の開発・実証の委託先に決定 | お知らせ | NTTドコモ

総務省|平成28年度 情報通信技術の研究開発に係る提案の公募